キーマップ

 久しぶりにエディター vim の話です。
 最近 Vim Tips Wiki(※1)のサイトに今まで知らなかった記事がありました。あなたがこのエディターをお使いならばご存じでしょうが、自分の好みに操作手段や編集手段を設定するキーマップを作れるのが良き特徴の一つです。いろいろできるので、始めた頃には標準に備わっているもの以外にもいろんなプラウインを入れ、それに合わせキーマップを設定してセッセと gvimrc と vimrc に書き込んだものです。その内に使うものは限られてきて、忘れてしまっているものも多々出てきます。
 記事は設定されたキーマップをテキストファイルに書き出してくれる機能です。記事にある三つのコマンドを入れると指定したファイル名(ここでは vim_keys.txt)で保存をしてくれます。
 早速やってみました。今まで全く使っていないものもありました。その一つが「カラーピッカー」です。私の場合 Shift + Insert でマウスカーソルのある部分の色と座標を表示してくれます。

 お暇な時に是非試して見てください。あなたも「こんなの設定してたっけ」のキーマップがきっと出てくると思いますよ。

(※1) https://vim.fandom.com/wiki/Is_there_any_way_to_write_currently_mapped_keys_in_Vim_to_a_file%3F?diff=40836&oldid=0

se.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です