震災での私の疑問

 東日本大地震は水道水の汚染へとその影響を拡げています。そんな中、大学の同期会のメールで、The New York Timesの震災前後の写真(※1)が連絡されてきました。このブログを読んでいただいている方にもその被害の大きさを実感していただきたいと思い転載します。(中央の線を左右にドラッグしてください)
 その災害の中で私には解らないことがあります。牛の原乳汚染です。
 水素爆発で放射能を帯びた粉塵が飛散し、それが降下してほうれん草のような葉野菜が汚染されるのは理解できます。原乳に出るのは牛が汚染されたものを食べた結果でしょう。一週間も経たないうちにそんな結果が出るのでしょうか? そもそもこの時期牧草があって放牧されているのでしょうか? 牛舎内で予め配合された飼料で飼育されているのではないのでしょうか? 震災前の測定値がいくらだったのでしょうか? そもそも、定期的に測定をしているのでしょうか? 疑問なのです。

(※1) http://www.nytimes.com/interactive/2011/03/13/world/asia/satellite-photos-japan-before-and-after-tsunami.html

se.gif

“震災での私の疑問” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    酪農についてあまりご存じないようですが
    冬だから放牧しないと思っているのですか?配合飼料で育てる?一週間も立たずに結果がでるのでしょうか?
    これら、全て認識間違ってますよ

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ご指摘の通り酪農については無知です。だから疑問なのです。
    問題の牛は当時放牧されていたのでしょうか? セシウム-137を体内に取り込んで、それが牛乳となって排出されるのに、どれくらいかかるのでしょうか? 体内からの排出での半減期はどれくらいなのでしょうか? よろしければご教示ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)