新と古の食べ比べ

今月の期間限定お買い得品は、ここ2・3年恒例となりました三輪素麺「新と古の食べ比べ」です。
そこでちょっと仕事の話をさせていただきます。

いにしえの昔から、12月から3月の厳しい寒さと空気の乾燥した頃が、手延べそうめん製造の最適時期です。今正にその時期で今年も良い麺ができています。
毎日毎日乾燥、裁断、結束した一束一束を箱に詰め倉庫に積み上げ寝かせます。
梅雨時になり箱を開けて中を見ると、こちこちに固まっている麺に気付きます。「ええっ!どうして?」が最初の感想です。この仕事をしていると誰もが一度、いや何度となく経験していることでしょう。驚きの様子を見て熟練工は「厄してるんや」と、さぞ当たり前のごとくです。麺がこの時期の湿度と温度とが相まって堅く引き締まることを、「厄をする」との言葉で表しています。「手延べで無いとこうはならないんや」とも説明してくれます。
数日経ってもう一度見てみると普通の状態に戻っています。
冬場製造した麺をその夏に出荷すると、梅雨を一回越した麺で、これを「新(しん)」と呼び、更に熟成させ翌年の夏に出荷の麺は、梅雨を二回越し、これを「古(ひね)」と呼んでいます。
ここ関西では、細くて腰のある三輪素麺の「古」が好まれます。店に来ていただく方に「これは新ですか古ですか?」と訊かれたりします。
貴方もお店で尋ねてみてください。「おっ、三輪素麺のこと知ってるな」と一目置かれることでしょう。

se.gif

謹賀新年

謹 賀 新 年


 昨年にお取引をいただいた方々には年賀状でご挨拶を差し上げていますが、これからの方々には失礼ながらこの場を借りて、ご挨拶申し上げます。
 皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
 素麺にちなみ、「細く長くのお付き合い」 をよろしくおねがいいたします。

se.gif

オブジェ

 早い梅雨入りで今日も一日雨、やることも無く暇なので、近くにあったA4サイズの厚紙にカッターで切り込みを入れてオブジェを作ってみました。

オブジェ

 さて、切り込みをした部分は手前に出っ張っているでしょうか? それとも奥に引っ込んでいるでしょうか?
また、何に見えますか?

se.gif

アナグラムで反転

 小学生向け算数教材の「ちょっと一休み」問題に感化され、同じ趣向の覆面算を作りました。4文字の単語のそれぞれの文字を入れ替えて加えると、最初の単語の逆順になるというものです。
 数字は0~9 問題毎に文字は独立で共通ではありません。
 とっかかりが見つかりにくいので、文字の大小関係も示しました。よろしければお考えください。

(1) R<S<A<T

(2) E<P<S<T

(3) L<O<F<W  

se.gif

工作

 小刀を安全に使うため、子供に小刀で鉛筆を削らせてみたりしますが、普通にはほとんどの子供は、鉛筆は鉛筆削りで削ります。大人にしたって多分そうでしょう。
 先までとがらせてくれ手軽で便利ですが、色鉛筆で色を塗るときなど、太いままの方が速く塗れるのになぁ と時々思うのです。
 そんな希望に添う、芯は削らず、木の部分だけ削ってくれる鉛筆削りは無いものだろうか。探してみましたが見つかりません。ならば工作です。
 100円ショップで鉛筆削りを買ってきて、刃を一旦取り外し、鉛筆を挿す穴の先を削り芯の太さに広げます。刃を芯を削らない位置までずらせて止めます。

鉛筆削り

 刃を切断する工作は私にはできませんので、かなり出っ張り、穴の位置がケースの壁から遠くなりましたが、鉛筆の差し込みには支障はありません。二つペアーの鉛筆削りだったので、一方は今まで通り先をとがらすのに残しておけます。
 手元にあった赤鉛筆の両端を二つの鉛筆削りで削り分けしてみました。
赤鉛筆

 もし市販で鉛筆の木部だけを削り出す鉛筆削りをご存じならば、ぜひお教えください。

se.gif

迷路

 寄る年波に勝てずこのブログからも遠ざかっていますが、暇にまかせまたまた迷路を作りました。
 なんか趣味の一つになりそうです。面倒で根気が要るのですが、ひょっとするとそれらが趣味となる要因かも知れません。

 一つお願いです。今回のには大分時間がかかりましたので、ササッと解かず、それなりの時間を使ってください。

ダウンロード
 創作迷路

se.gif

エルゴノミックキーボード

 遂にエルゴノミックキーボードデビューです。
 と言っても、マイクロソフトの型落ちの5KV-00006が安くなっていたので購入しただけです。
 前にも書きましたが、今までは普通のキーボードの配列をいじってTとY、GとHの間に二キーをを挿入して右手と左手の間隔を空けてエルゴノミック風に使っていましたが、届いた商品を早速使ってみると、右手と左手は更に離れた感じでしかも適度な勾配がつき、より人間工学的に自然に両手を伸ばした感じで最高です。
 反面使い慣れたキーボードと違いますので不便さもあります。vim系のソフトでは「Esc」キーを多用しますが、小さい上に遠すぎます。最上部のキーは小さくなりすぎで時々反応していないのではないかと疑います。
 元々「CapsLock」は「Ctrl」に変更をしていますので、またまたキーの変更に取りかかるとしましょう。こんなとき今もフリーソフトChange Key(※1)が健在なのは助かります。

(※1) https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/changekey/

se.gif

迷路

 せがまれてまたまた迷路を作りました。
 ステイホームのこの時期、よろしければ暇つぶしにご利用ください。

 「なんだこんなもの」とお思いでしょうが、いざ作るとなると結構な手間です。作る方も一度試してみてください。

ダウンロード
 創作迷路

se.gif