思惑はずれ?

 消費税増税実施が20余り後に迫った段階でも、例のキャッシュレス払いで5%の還元の登録をする店舗が、政府想定数の30%にとどまっているそうで、懸念していると聞きます。
 登録をすると、加盟店事業者IDと加盟店IDが与えられますが、通知段階と審査終了段階があり、私共のネット販売のクレジット払いでは、7月17日に通知を受けましたが、未だ審査終了に至っていません。そのためQR決済の方にそのIDが未だ連絡できずじまいです。その辺の対応の遅れも一要因では無いでしょうか。
 もう一つは、想定する店舗がすべてこのためにキャッシュレス払い対応に踏み切るかどうかです。そうでなくても8%税率と10%税率とを区別して併記するレジや伝票類の更新への手間とコストが掛かるのですから、キャッシュレスまでの経費が出せない店舗も多いことでしょう。
 還元の5%は消費者に対してであって、店舗には採用しない店舗に対して競争力が付くだけで、還元は一切ありません。競争力ならば、他のサービスで取り戻す意気込みの店舗も多いことでしょう。
 政府の思惑通り100%達成は、如何なものでしょう。

se.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です