鶴亀算 答え

 昨日の鶴亀算の解答です。いつもは問題だけで答えは書かないのですが、今回は小学校高学年用の問題で私にも解けましたので、その答えです。
 40回すべてスペードを引いたとすると、得られる点数は 7x40=280 点です。
 実際の得点は 118 ですので、その差 162 は、ハートとダイヤ又はクラブを引いたことによります。
 このままでは亀と鶴の他にもう二つ動物がいますので求まりませんが、比率が分かっていますので、三っつ(ハートとダイヤとクラブ)まとめて鶴を想定します。
 つまり ハートとダイヤ又はクラブは 1:2 の関係で、これら三つでハートの3点が入りますから、ハート、ダイヤ、クラブを引くとそれぞれ 1点 と想定します。これでスペードの亀に対する鶴の登場です。
 スペードの代わりにハート又はダイヤ又はクラブを引くと、7点と1点の差 6点が先ほどの280点から減りますから、得点を118まで引き下げるには、スペード以外を引いた回数は、162÷6=27 回です。
 この内ハートは比率から三分の一ですので、ハートを引いた回数は 27÷3=9 回が答えとなります。念のため検算をしてみてください。

se.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です