潜在予備軍

 一昨日「ピタゴラスの定理ってどう証明するの?」と訊かれて、さてどうだったか、記憶では直角三角形の各辺の外側に正方形を書いて、面積が等しくなるよ、だったので、図形を書いてやってみますが行き詰まってしまいます。
 普段「何でも訊きなさい」と言っている手前、誠に恥ずかしながらネット検索をします。面積方式では途中の三角形の合同を使うことが抜けていたのに気づきましたが、それよりもなんと証明方法の多様なことか。そちらの方に驚きました。
 先日の「ちゃらんぽらん」じゃないですが、何事も一方面からだけでなく、多方面からのアプローチをしておくことが確かに大切で、一つがだめならばそのことに捕らわれるあまり、それ以上発想が広がりません。
 ひょっとすると、私もアルツハイマー病潜在予備軍かもしれません。今からでも間に合うでしょうか?

se.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)