陸王

 以前テレビドラマ化されていた池井戸 潤作「陸王」を書物で読んでいる。百年ののれんの足袋メーカー・こはぜ屋が、たびの先細りからの脱却をかけて、スポーツシューズの開発にかける話だ。
 今半分を少し過ぎた辺り、テレビではなかったシーンを期待したが、今のところテレビドラマの流れ通りだ。いつもながら、彼の読者を引き込む筆の力、会話の巧みなつなぎ方、場面の切り替えの妙、感心しながら読み進めている。
 しかし感心し褒めてばかりでは、皮肉屋ひ~ちゃんの名が廃る。そこで重箱の隅をほじくってみた。
 かつて先代も同じ思いで手がけた「マラソン足袋」に刻まれていた名前・「陸王」を引き継いで作られた試作品には、こはぜ屋のシンボル・トンボの刺繍が付く。トンボは「勝虫(かちむし)」と呼ばれ、これを履く走者には縁起が良いと自賛する。がしかしだ。トンボは昆虫の中で唯一、飛ぶことはできても一旦何かに止まると、足を動かして歩くということすらできない。歩けもしないものがどうして走れるんだ。
 ってのでどうかな。

hi.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)