目を大切にしましょう

 以前にも書きましたが、私はモニター画面を長く見続けていると目がハレーションを起こし、目の中に輝く部分が現れその部分の画像が見えなくなる症状が出ます。そこで目への刺激が少ないようモニター画面を暗い背景で見るようにしています。
 モニターの輝度を落とすのはもちろんですが、使用するフリーソフトの選択も、背景色の変更ができるかどうかが決め手の一つです。その基準でファイラーにはあふ(※1)、エディターにはvim(gvim)(※2)、メーラーにはSylpheed(※3)を使用しています。
 背景色の変更ができない市販のソフトには、レジストリの HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Colors や 同じく \Desktop\Colors で色変更をしなるべく灰色基調になるようにしています。
 ブラウザーは Firefox と Chrome を使用していますが、拡張機能のStylish for Firefox(※4)及びStylish for Chrome(※5)を入れ、そのスタイルにGlobal Black for AMOLED displays(※6)を採用し、Background Colorを#3e3e40、Link Colorを#ffde43、Colorを#f0ede4 と自分好みに変えて使用しています。
 いつまでも若いつもりではいられません。目を大切にしましょう。

(※1) http://www.h5.dion.ne.jp/~akt/akt_afxw.htm
(※2) https://www.kaoriya.net/software/vim/
(※3) http://sylpheed.sraoss.jp/ja/download.html
(※4) https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/stylish/
(※5) https://chrome.google.com/webstore/detail/stylish-custom-themes-for/fjnbnpbmkenffdnngjfgmeleoegfcffe?hl=ja
(※6) https://userstyles.org/styles/112107/global-black-for-amoled-displays

se.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です