ぶりっじばんざい

 問題です。
 

  K J 9 4    ビッドは E-2D、S-Pass、W-Pass、N-Dbl、E-Pass、S-3NT、All Pass。 EのWeak 2Dのオープンに対しパートナーがダブルをかけて点のあることを示しましたので、Sのあなたは一挙3NTをビッドしました。
 WのリードはダイヤK、続いて2、Eは二枚目にJ、あなたはこれをQで取ります。続いてクラブのK、Qと取ったところ、Eは6、Jと出てきました。さてこのあとどうプレイを続けますか?
K Q T
8 4
A 8 4 3
N
W   E
S
A T 2
J 9 8 6
Q 9 5
K Q T

スポーツと道具

 全豪オープンテニスで、元女王のヒンギスが5年ぶりに戻ってきました。残念ながら準々決勝で破れはしましたが、まだまだ彼女のテニスが通じることをみせてくれました。
 スポーツ界では道具の開発・進歩がめざましい限りです。ゴルフでの飛距離はクラブとボールの改良で、昔とは比べ物になりません。強度的に軽くできなかったテニスのラケットも、今は強くて軽い素材ができ、真ん中に当たらないと飛ばなかった小さなスイートスポットは大きく改良され、目一杯振り回すパワーテニスが全盛です。強烈なサービスを入れ、ファーストボレーで決めるテニスもダイナミックですが、私としてはかつてのベースラインで打ち合い隙を見て前に出てボレー、それをまたロブで切り返すといった、プロならではのテクニックを期待するのです。道具の開発でプロのゲームが淡泊になった感じがしますし、テクニックより若さの方によりメリットがある今の状況がはたして良いのか、疑問を感じています。
 ゴルフでは高反発のクラブが禁止されるようになりましたが、これは飛距離が伸びすぎて現状の多くのゴルフ場ではパー4やパー5の規定打数が意味をなさなくなってきているからで、私が感じている理由のためではないのが残念です。

se.gif

英語教育

 メールマガジンの冷泉彰彦氏のレポートで、また普段何気なく通り過ぎていることに注意を喚起させられました。
 先日の城島選手のマリナーズ入団会見に触れ、誰があんな「よー、みんな、げんきカナ?」などと城島選手本人を馬鹿にしたような英語を教えたのかと批判されています。私などは「フランクにみんなにうちとけようとの気持ちかな」との感じだったのですが、確かに言われてみれば、期待を持って待ちかまえている記者へのあの言葉はなにか場違いな感じはします。英語には丁寧語も丁重語もきちんとあり、初対面の挨拶においては慎重に自分の「クオリティ」を示す配慮が必要だ、と氏の指摘です。
 もう一つセンター試験の今回の目玉「リスニング」では、明らかに若い学生同士の会話であるのに、声も話し方も中年男女というようなものが含まれており、それになんと言っても「結論が最初に来る」という英語の構成を無視した問題が多いと、むしろ弊害を危惧されています。
 話の本流はアメリカでの自動車産業についてなのですが、トヨタやホンダの成功をみるに、国際企業のOBとか、その家族など「日本人として英語で戦ってきた」人のノウハウを教育に生かせないものか、と提案されています。
 読むことと書くこととはできても会話ができない、会話ができるようにしよう、いやまだまだそれだけでは足りない日本人の英語教育、奥が深いのですね。

se.gif

きんえん

 私の喫煙歴は十数年になります。煙草をおぼえてから、徐々に本数が増え、1日30本のヘビースモーカー期を経て、ここ数年は1日10本程度のホタル族を続けておりました。
 そんな私が、ひょんなことから現在禁煙中です。
 きっかけは先月半ばに風邪をひいて寝込んだことです。治るまでに時間がかかりまして、
その間煙草を吸うどころの話ではなく、図らずして禁煙状態になっていました。
風邪によって、禁煙で一番つらいといわれる最初の3日を乗り越えてしまったわけですから、
試しに禁煙してみようと半ば冗談のように始めてしまいました。
口寂しさはのど飴とキシリトールガムで紛らわせています。
別に禁煙しなきゃという強迫観念も、禁煙セラピーのような嫌煙感もないのです。
シャレで始めたようなものなので。
煙草やライターを持ち歩かなくはなりましたが、世の禁煙家のように煙草を捨ててません。
(未開封が8箱も残っています。2400円、捨てるのはちと惜しい)
まあ、どこまで続けられるか試してみようという感じですね。

ri.gif

海外宅配便

 海外宅配便のFedExから電話がありました。「○○さんでしょうか。海外から荷物が届いています。」 海外から荷物! 初めてのこと、一瞬ためらいました。間違いか、いたずらか。そこで確認してみます。「同姓は他にもいますので、下の名前はなんですか?」「いえ、名字だけですが」「住所は?」「桜井市芝××です」「合ってますね、で、どこからですか?」「イタリアです」 あっ、そこで思い当たりました。大きな鞄をほしがっていたのを聞いていて、娘の夫が友達を通じて送ってくれたのです。
 受け取りは日本の宅配便のようにはんこでは済まず、直筆のサインを求められます。一覧表を見ると、既に11件のサインがありました。海外との品物の受け渡しは私には初めてのことでしたが、今は案外普通に行われているのですね。ネット通販の普及がその要因なのでしょうか。
 昔人間の私には、まだ海外との商品取引には抵抗があるのですが、そんなことを言っていると今の時代に遅れそうです。でも、商品代金より送料の方が高いと聞くと、ちょっと二の足を踏みますよね。

se.gif

腰痛

 持病の腰痛が又出てしまいました。特に重いものを持ったわけでなく、朝、背中が変にちょっと痛いなと思っていると、腰の辺りがぴくっとして、今度は歩くと腰にぴりぴりと痛みが走ります。腰痛対策として背筋の運動をしていましたが、このところ風邪をひいたこともありかまけておりました。それが影響したのでしょうか。
 先日、川越郵便局でしたか、約25万円分の小銭を盗み、10kgの重さによろけてしまって、ご用となった熟年の方のニュースがありましたが、わけもなく腰痛が出る体では今後が心配です。盗みにも入れません。

se.gif

ぶりっじばんざい

答え(1月21日分)

  J 9 8      ずばりスペードです。ハートを捨てても良さそうに見えますが、もしハートを捨てるとハートの3枚目でNに入り、クラブで手に入れられると、残りのクラブを取った後スペードを出さざるを得ず、残りを全て取られジャストメイクされてしまいます。ハートを捨てずにスペードを捨てておくと、ハートを刈りきってクラブで手を渡そうにも、Sにクラブはなく、スペードでもう1トリックを取ることができ、ワンダウンさせることができます。
A K J
T 6 5 2
J T 8
K T 2 N 7 5 4
6 4 3 2
W E  
8 5
Q J 8 7 4 3
A 9 5 3 2 S K 6 4
A Q 6 3
Q T 9 7
A K 9
Q 7

宇宙開発

 陸域観測技術衛星「だいち」の打ち上げ成功には、まだ安心してみていられる心境にはなく、内心ほっとした感があります。
 国益上、他国に引けを取ってはならない技術開発があります。宇宙開発はその一つだと思います。NASAに部品を供給する技術はあっても、自国の衛星の打ち上げを他国に依頼しているようでは話になりません。相次ぐ打ち上げ失敗で、宇宙科学研究所、航空宇宙技術研究所、宇宙開発事業団に批判が集まり、現代の宇宙航空研究開発機構一つに集約、リストラされ、関係者はずいぶんと悔しい思いをされたことでしょう。前回のH2A 7号機と今回の8号機は背水の陣でした。打ち上げの遅れから、来月に一つ、4月以降に又一つの衛星が予定されています。背水の陣どころか今後は100%の成功が必須です。悔しい思いを糧に今の緊張感を持続しつつ、これからは安心して見ていられるよう、国家予算を使っていただきたいものです。

se.gif

頭にきました

 朝日新聞によると、アメリカからの輸入牛肉に脊柱が入っていたことに関連して、ペン農務次官が「車でスーパーに買い物に行って事故に遭う確率の方が高い。その事実を日本の消費者に伝えたい。」と発言したそうです。この言葉の前後の様子はわかりませんが、この言葉を真に取れば、さすがのおとなしい私も、「なんと日本人を馬鹿にした発言だろう」と頭にきます。
 約束したはずの取り除くべき部位が検査官にすら伝わっていなかったというのですから、「大して危険でもないのに、向こうで何か騒いでる。適当に要求を聞いて、後はまた堀を埋めればいい」との本音がみてとれます。相手国の国民性への配慮がなさすぎます。イラクにおける大量破壊兵器をめぐる不始末以来、やや軟化の傾向が見られるとされるアメリカの大国主義は、いまだ健在です。
 いつまでも傘の下でうずくまってばかりではおられますまい。傘からはずれた空も見上げて、雨に濡れる覚悟も必要のようです。

se.gif

あいてぃーべんちゃー

 一連のライブドアのニュースでマスコミの「手のひら返し」ぷりたるや壮絶なものがありました。ついでにホリエモンを選挙に担ぎ上げてしまった自民党の「手のひら返し」も。「君らホリエモンが悪党だってわかってた上で持ち上げてたんでしょ」と苦笑混じりに言いたくもなりますよね。
 ITベンチャーは何か新しいことをやろうとします。実際にやるかどうかは別問題です。ポイントは「斬新なアイデアを出して、構想だけはすばらしい」ということです。
で、「実現すればすごいぞ!」という期待感がITベンチャーの株価を上げます。
実際の企業価値からは考えられないような高い株価がつきます。上がった株式時価総額が下がる前に、実体のある企業を買収して、虚像である利益を固定化するのが一般的な手法です。
名だたるベンチャーはみんなこうして大きくなっていきました。
この「期待感」をどうやって高めていく(煽っていく)のが経営手法というわけです。
まあ、ホリエモンはやりすぎて捕まってしまったわけですが。
「錬金術」なんて言われたりもしますが、「錬金術の基本は等価交換」でして、無から有を生み出すことができるわけではありません。
ホリエモンが得た利益とは、期待感に煽られてライブドアの株を買った株主の損害なのです。

ri.gif