来年は希有な年

 年賀状の準備をしていて、面白いことに気付きました。

 来年の2021という数字は、2から始まる素数列の中の連続した二つの数字の積(43x47)になります。
 同じことが起こった直近の過去は1763年、未来で次は2491年ですから、正に来年は希有な年に生きていると言えます。

 年賀状のネタにでも、と思ったりしますが、おもしろいと思ってくださる方はそうはおられないでしょうね。

se.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です