思わぬ原因

 今日は朝からトラブルです。ネット回線に繋がりません。伝票処理などはネット回線に繋がっていませんので支障は無いのですが、メールの受信ができないので仕事になりません。
 無線ルーターは1ヶ月前に交換しましたのでまず問題はないだろうと、耐用年数をはるかに過ぎているモデムを疑います。なんと物持ちの良い私共では、今もADSL回線でそのモデムです。説明書も無くどうしようも無いので、サービスカウンターが開く時刻を待ちます。
 電話の相手は、「もうしばらくそのままお待ちいただくか、後ほどお掛け直しください。」を繰り返します。待つことしばし、やっと繋がりました。
 状況を説明し、質問にライトの点灯や点滅状況を答えます。こちらは犯人をモデムと決め打ちですが、モデムの状況はむこうで解るようで、どうもそうでもなさそうです。「有線のLANでPCに繫いでみてください」の指示ですが、便利になったのかどうなのか今のノートパソコンにLAN端子はありません。
 「では、モデムとルーター間のLANケーブルを交換してみてください。」 モデムに元々付属していた短いケーブルに交換してみます。なんと一瞬で繋がりました。原因がケーブルだなんて頭の隅にも思い浮かびませんでした。
 遂に光回線に替えないといけないかと覚悟してサービスに電話をしましたが、皆が光回線に替える中、逆にADSLは速度も上がり快適ですので、ADSLが存続終了するまで続けさせていただけそうです。

se.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です