指カレンダー

 連休の一日、過去の記事を読み返していると、「これは今もご存じないかも」のものがありましたので、再掲載させていただきます。
 「今年の誕生日って何曜日かな?」って時、手の指関節を使って調べるカレンダーです。

手のカレンダー

親指の先を指し棒の様に使って、指の関節を押さえます。まず12ヶ月の月の位置を覚えます。a~g に対して次のようになります。

位置 位置
1月 7月
2月 8月
3月 9月
4月 10月
5月 11月
6月 12月


横にずれていくパターンですので、比較的簡単に覚えられるでしょう。その位置がその月のついたちになります。次に日にちは順に縦に数えます。aからgへ、そして再びaに戻る順です。もちろんスタートはその月のついたちの位置からです。
 次はその年の日曜日の位置を覚えておきます。今年はfの位置です。曜日も当然日にちと同じように縦の順に替わりますから、今日5月2日が木曜日になるのを確認してください。
スマホがあればこんな必要はありませんが、指をちょこちょこっと動かして言い当てると「あれっどうやったの」って注目されますよ。
 ではこれを使っての問題です。
 来年の元旦は何曜日でしょうか?
 来年のついたちが日曜日なのは、何月と何月でしょうか?

se.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です