思わぬ知識

 最近テレビをほとんど観なくなりました。その代わりに Amazon Prime Video を楽しんでいます。ところが三週間ほど前から、画質が悪くなり現在の速度では表示できないとアラームが出て、映像が停まってしまいます。近所に新築が2軒建ち、回線が狭くなったかと疑いながらも、どう対処すれば良いのか分からないので、契約光回線会社のサービスに電話をしてみました。
 てっきり回線速度のグレードを上げろとの話が出ると予想しましたが、その件には一切触れられず二つの対策を教えてくれました。
 一つは、モデムとルーターのリセットです。我が家の物は電源を入れ直すリセット方式ですが、それにも順序があり、切るときはルーター、モデムの順に、再度電源を入れるときは、モデムの電源を入れ、三つのランプの点灯を確認した後ルーターの電源を入れること。
 もう一つは、Wi-Fiの規格には 2.4G と 5G の二つがあり、2.4G はチャンネルと他のチャンネルとで周波数帯域が重なる部分があり電波干渉を起こしたり電気機器の電波には影響される事がある。一方 5G はチャンネル間の重なりは無いが、発信側と受信側の間の電波障害を受けやすい。いずれが良いか切り替えてみること。

 こんなトラブルが無ければ知ろうともしなかった知識です。今回は 5G に切り替えると観られるようになりました。ひとまず楽しみは続けられます。
 でも今後は最初に頭に浮かんだ回線速度そのものも心配です。今やインターネットトラフィックの半数を、Youtube や Netflix に代表される動画配信が占めていて、私すら観ていることからも今後益々増えることが予想され、回線速度を圧迫してくることでしょう。回線会社はこの先どの当たりまでを見つめているのでしょうか。まぁ私が心配してもしようがありませんが・・・。

se.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)