したたかですね

 商品宅配の現在の大きな課題は、配送コストです。ヤマト運輸の過労働に端を発する宅配送料の値上げには、私共も影響を受けています。大幅な値上げで一部をお客様にご負担いただかざるを得ず、物量の低下は否めません。
 巨大なamazonともなれば、配送コスト負担は相当なものでしょう。でもさすがamazon、したたかです。独自に一から宅配業者システムを作り上げようとしています。宅配会社の起業を支援(※1)を読むと、自己資金1万ドル(110万円)を準備すれば、宅配会社を立ち上げることができるとの事。起業者は支援を受けられる上、物量もamazonに頼れますし、amazonにとってはいわば「子飼いの宅配業者」ですから、今回の根幹を揺るがすような事は起こり得なくなるでしょう。
 巨大企業なればこそなせる技で、羨ましい限りです。このプログラムがうまくいけば、今宅配を請け負っている業者も安穏とはしておれません。
 さて今後の展開と結果はどうなるでしょうか? 私はamazonの思惑はうまくいくと予想しますが、あなたは如何でしょう。

(※1) https://japan.cnet.com/article/35121682/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)