消費税アップ

 組合の集まりに、大阪国税局 消費税課の国税実査官が来られ、来年10月1日に実施される消費税10%への引き上げの内、軽減税率が適用される我々業界への説明が行われました。
 軽減税率とは、お酒、外食、ケータリングなどを除く飲食料品の消費税を引き上げ後も現状の8%に据え置くことで、該当する組合への説明に、担当者5名が分担してかけずり回っているとのことでした。
 要は、軽減税率が適用される品とそうでない品とが混在する中で、納品書、請求書の発行や、消費税計算のため事務処理の変更が必要になるので、あらかじめ準備をしてほしい、との趣旨です。コンピューターのシステム変更など費用がかさむ場合には、申請が通れば補助金も支給されるそうです。
 我々の業界は食料品のみの扱いですから、そんなに複雑な変更は必要ないとの思いでしょう。それで真っ先に出た質問は、「消費税は本当に上がるのですが? また延期にはならないですか?」
 「それは分かりませんが、今のところ来年10月と決まっていますので、準備をお願いしたい」と躱されてしまいました。皆の思いもそちらの興味の方が強く、3選されればとか置き土産とか、盛り上がり、今回は上がるだろうが過半数を占めました。あなたの意見は如何でしょうか。

se.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)