データの安全管理

 先日は Flash の脆弱性の記事を引用しましたが、こんどは 無線キーボード(※1)です。
 Bluetooth は大丈夫とのことですが、暗号化がされていない無線キーボードが普通に使われていて、入力したキーが盗まれる他に、キーボードを操作してPC内の情報まで盗まれうる恐れがあるとのこと。
 やはり人が造る物ですから、思わぬ欠陥もあるでしょうし、どんなに安全に作られていたとしても、人はそれを破る知恵を生みうるのでしょう。
 情報が盗み取られる元凶は、やはりネットです。安全確保技術に自信のない私共は、お客様情報の入ったPCは完全にネットから切り離しています。データの持ち帰りも厳禁です。やってみると非常に不便なのですが、私共が取り得る唯一の安全策と考えています。
 会社規模が大きくなるとこんなことはできないでしょうし、更に厄介なのは人そのものの管理です。大量の顧客データ流出ニュースの原因の多くは人的ミスです。安全確保は何よりもまず人の管理と言えなくもありません。

(※1) http://japan.zdnet.com/article/35086477/

se.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です