まとまっての取り組み

 今朝の朝日の朝刊に、岡山中心部の商店街の取り組みが紹介されていました。
 主要国では、日本の消費税にあたる税が、商品の購入に課せられていますが、外国人観光客には出国時課せられた税の還付が受けられるようになっています。4月に旅した台北でもそうでした。
 日本でも、観光客の増加で免税品を増やしたり一般店舗でも免税の手続きができるように、遅ればせながら取り組みを始めました。が、実際は百貨店など大店舗だけで、小さな商店での取り組みは難しかったのですが、岡山の商店街が各店舗毎ではなく1カ所でまとめて手続きができるようにしたそうです。
 日本で初めての取り組みとのことですが、これを習って各地の観光地でもこの取り組みが進むことでしょう。ここ奈良もいわば観光で持っているといっても良いくらいですから、良い手本として早速取り組んでもらいたいと思います。
 ここ桜井市にもその余波が及んでくれれば良いと思いますが、ちょっとまだ先でしょうかね。残念です。

se.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です