ぶりっじばんざい

 答え(9月12日分)
 

  7  
K J 5
7 3
J T 9 8 5 3 2
Q J T 9 6 3 2 N K 8
W E  
Q T 9 8 7 6 4 2
T 9 5 4 J
Q 4 S K 7
  A 5 4  
A 3
A K Q 8 6 2
A 6
 

 パートナーのスペードはこれでエスタブリッシュするでしょうから、パートナーにエントリーがあるか否かが問題になります。無ければ手の打ちようがありませんが、それでもパートナーのエントリーのブロックとならないようプレイする必要があります。ブロックの可能性はダイヤJとクラブKです。クラブKには7が付いていますので、取り急ぎは三枚目のスペードでダイヤJを捨てます。左のハンドではこれでSの3NTメイクは不可能です。
 このハンドを見ると、5クラブは簡単ですのでプリエンプティブビッドの効果は出ています。また3NTも実践ではなかなかこのプレイは難しいでしょうが、二枚目のスペードを取り、ハートKでダミーに入りダイヤをリードしてEのJに勝たせると、後は簡単にメイクできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です